スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
近況
だいぶ日記が空いてしまった…。

ちいたんが実家から帰ってきて数日、
また思い切り好き放題暴れたため
俺からするともうちいたんは全く改善する気はなく、
もうよくはならないのではないかと実感した。

ちいたんが離婚しようというので俺もいいよ、といったことから
一時離婚話まで話が進んだが、
やはりちいたんとは離れたくないので、
俺が一生こういう生活が続くんだと諦めることで
二人での生活を続けることにした。

正直、もう良くなるとは思っていない。
ちいたんは同じ事をずっと続け、悪化する一方。
毎日同じようなことをひたすら質問し続け、
エスカレートすると死ぬと言ったり暴れたり大きな声を出す。
ずっとそんなくだらないことを続けて何の意味があるんだろう。


治らないのも俺が協力してくれないとか、それは違うだろう。
やはり本人が当たり前に悪いことをいつの間にかやってしまうのを、
最初はしんどくても毎日毎秒でも、気にしてわざとやめるようにしなければ、
改善などしないだろう。

基本的に全ての不安に対処する方法は全て教えてあるのだから。
(俺が愛している、どんな状況でも変わらない、他の人に興味がない、等の情報の材料)
あまりにも同じような質問をしつづけるので
もう全て答えおわってしまったと言ってもおかしくないほど。

それを全部ちゃんと考えれば分かるといっているのに、
考えても分からないと言っているのも違うだろう。
ただ分かるまで考えようとせず途中で放棄しているだけのことだから。


やっぱりどうしても結局は本人の努力が足りなすぎる。
病気の人にそういうことを言ってはいけないとも言うが、
そんなことに何の意味があるだろう。
現実問題本人が現実を認識し、進んで行かなければなにも進まない。
こうなってしまったのは本人の責任ではない。
でも、結局しんどいのが続くのは、今は全部本人の責任なのだから。


もう信じてはいないけど、
微かな可能性で改心してくれて良くなればいいなとだけ思っている。
愛情は何も変わらない。
だけど、無意味に傷つけられ続ける人間はこうやって信じることを諦めて行くのだと思う。
そこに病気、人格障害という概念の有無はまったく関係ない。
病気だろうが何だろうが、悪いことをやっていることには変わりは無いのだから。
| ナガソデ | 日記 | 08:00 | comments(10) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:00 | - | - | -
ナガソデさんのお気持ちスゴくわかります。私は主人がそうでした。
私がしっかりと彼の不安な気持ちを受け止めて、愛情を注いで幸せな気持ちにさせてあげ続けていたらきっと彼も変わると思っていました。私にできる思いつく全ての事はやり尽くしました。
小さな子供に話すように何度も何度も細かく丁寧に質問に答えて、なだめたり励ましたりもしました。
でも彼は変わらなかった、根拠のない理不尽な嫉妬からくる暴力で何度も大怪我をさせられました。
本人は自分の不安や辛さを私に一生懸命訴え続けます。でも私の辛さはあまり理解してないようでした。口では良いことを言うのですが本人は何も努力せず、益々私に依存していきました。

ついには、私の精神状態が悪くなったので離婚するしかありませんでした。
普段の彼はとても優しく、可愛いらしく愛してもいましたが限界でした。

彼との関係で私は愛情を与える事に懸命になりすぎ自分をいたわる事を忘れていました。

ナガソデさんはそうならないで下さい。応援しています。
| アン | 2008/07/15 9:01 AM |
ナガソデさん、こんにちは。

だいぶつらい事があったようですね。
なんとなく元気がないような気がします・・・

境界例は、私も医者からはっきり「治る」とは聞いていません。ただ、40歳くらいになると「落ち着いてくるだろう」と・・・

私とちいたんさんを比べるのは良くないとは思うんですが、ちいたんさんはやっぱり若いし、年上の頼れる旦那様がいるし、過去のつらい経験からも甘えたい気持ちが強いのではないかなあと思います。
勝手なことを言ってすみません・・・

こうやってネットをしていると、「人格障害は性格だ」とか「病気じゃないから治らない」とか書かれているのを見てしまい、つらい気持ちになることもあります。

でもきっと病状が落ち着いてくる時は必ず来ると思います。

私も、去年の冬に比べると、だいぶ落ち着いたような気がします。それはたぶん、母と分かり合えるようになれたことと、父がわずかながら私の病状を悪化させないように協力してくれるようになったからだと思います。といっても、父とはいまだに目も合わせられず、会話も出来ませんが・・・

私は、自分が境界例だとわかったときは毎日つらくて仕方がありませんでした。
そんな中、ネットでいろいろ調べているうちにナガソデさんのブログに出会いました。
手首を切りたいくらいつらいとき、発狂してしまったとき、ちいたんさんのことを考えることがあります。
私よりもずっとつらい思いをしてきたちいたんさんの病気が、少しでも落ち着けばと思っています。

これからもずっとちいたんさんを愛してあげてください。

長々と失礼しました。
| やまおく | 2008/07/15 9:25 AM |
すみません、追記させてください。
私も、アンさんと同じ気持ちです。
私の彼が、私の犠牲になっているので、ナガソデさんご自分を大切にして欲しいです。

ちなみに、今はほとんど実家で過ごしていて、彼とはたまにしか会いません。

それからもうひとつ、最近ミスチルが大好きになりました。
ナガソデさんのブログに出会ってから、聞き始めたんですが、それまではあまり熱心に聴いていなかったもので・・・
一番すきなのはSignです。

本当に、ナガソデさんのブログに出会えて心からよかったと思っています。
| やまおく | 2008/07/15 9:43 AM |
こんにちわ☆
しばらくブログの更新がなかったので、心配してました。

患者本人も辛いけど、それをそばで支える人も辛くなってしまう…そこにボーダーの大変さがあるように思います。

私もよく質問攻めをしてました。頭では分かっていても、心が理解してくれなくて…元気になりたい、よくなりたいという気持ちは十分あるのに、どうしたらよくなるかが分からず、辛かったです。

ボーダーの人間は、周りから優しくされたり愛情を注がれると「もっともっと!」という風に、要求がエスカレートしていきます。

周囲の人間に出来ることは限られています。

出来ないことはできない、ボーダーの度が過ぎる要求には応えない。
冷たい態度と責められようが、そうしていくも大事だと思います。
| くらら | 2008/07/15 9:59 AM |
しばらく更新がなかったので、心配していました。お気持ちすごくよくわかります。私は、彼でも彼女でもなく、母です。子供の気持ちを理解したい、良くなってもらいたいとずーッと頑張ってきたつもりなのに、つい何ヶ月か前に私も同じ気持ちになりました。15年以上がんばってきたのに・・・だけど、今は私が疲れているだけ。少し休めばまた一緒にがんばれるかなと思うようにしています。ナガソデさんも疲れてるんだわ。力を抜けれるところは全て抜いて、自分の心が喜ぶことをしてみてください。
| ママコ | 2008/07/15 5:31 PM |
みなさん色々とありがとうございます。
僕はしんどくてもちゃんと休み休みやっているので大丈夫です。

信じないことは僕にとってはいいことだけど、
全体的に見るとどうなのか、なかなか難しいところだと思っているところです。
| ナガソデ | 2008/07/15 10:57 PM |
もうここまできたら、二人の間には血よりも濃い絆があるんだなぁと思います。
それを共依存とも、愛とも呼ぶんでしょうか。
僕には恐ろしくも、羨ましくもあります。
| ゆった | 2008/07/16 10:10 PM |
こんにちは。コメントするのは2回目ですが、頻繁にアクセスしています。本当、暫く更新がなかったので心配していました。全然面識無くても、沢山の人がナガソデさんを気にして心配していますよ。色々難しいね、でも、ナガソデさん自身が幸せになって下さいね。
| カズ | 2008/07/18 12:02 AM |
よくわからないけど、将来どうしたいのかとか話しあうのはどうでしょうか。子供は、何人欲しいとか。2人が愛し合った証ですから私は、病気なのですが障害が生まれる可能性があっても子供を産みたいと考えてます。その為に、お母さんになる人は、強くならないといけない!対人関係が苦手ても何度でも仕事を変えてしまいましたが、今は良い職場に恵まれてます。家では、毎日「愛してる」というようにして出かけるときは、手をつないでます。ばらばらな時は、いつもメールで彼から「YOKOが、がんばってるの知ってるからつらいことがあっても応援してる。家に帰ってきたら抱きしめてあげる」と言われてます。喧嘩したらすぐ謝る。将来は、沖縄で暮らすとか考えてます
彼も病気で毎日不安です。でも、彼に嫌われたくないし彼のそばにいたいです。
PS 最近ゲームにはまってて、ときめものガールズサイドはおもしろいです。これで最近落ち着いてます笑
| YOKO | 2008/07/18 11:47 AM |
ながそでさんの苦労には頭がさがります。
ただ

>ずっとそんなくだらないことを続けて何の意味があるんだろう。

ちいたんにとっては意味がある行動なんじゃないですか?
くだらないことをしているのもちいたん本人です。
頭っからながそでさんの気持ちに「くだらないこと」って決まっているから、ちいたんも不安になるような気がします。

全てを許し受け止めろとは言いませんが、正しいこと悪いことで判断することを少しやめたほうがいいのかもしれないです。

ながそでさんの言うことがすべて正しいかと言えば違いますからね。
生意気言いましたが、お二人には感動しています。
頑張って下さい。

| こんこん | 2008/07/21 2:41 PM |









http://cheetan.jugem.jp/trackback/13