スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
がんばっているちいたん
最近のちいたんは頑張っているようだ。
見ている限り、あまり悪いことをせずに平穏な日が続いている。
調子が悪くて閉じこもることもあまり無いし、
悪い質問をはじめてもやめるよういうとすぐやめる。

もちろん薬を飲みはじめているし
まだ退院して1ヶ月経ったくらいなのでたまたまかもしれないし
正直何とも言えない状態だが、
このまま続くと良いなあと思っている。


今までだと調子が良くても薬を飲んでいるから
ちゃんとは誉められない…といっていたけど、
そういうことは関わらず誉めるようにしている。

悪いことをした時は怒られるが、
悪いことをしなければ怒られない。
その怒られないことが喜びであり報酬である、とおもっていたけど、
やっぱり人間そうではなく、誉められることが必要らしい。

悪いところがやはり目について怒ってしまうけど、
そうではなくちゃんと誉めるようにしていきたいと思っている。
| ナガソデ | 日記 | 20:24 | comments(7) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:24 | - | - | -
 すっごく嬉しいです。(*^_^*)
いっぱい褒めてあげてください。
人間 褒められて、愛されて生きていくほど幸せなことないですもんね。
人が思う以上に本人はがんばってると思いますよ。
認めてもらえることが、がんばれるエネルギー源
自信につながってくはずですよ。(^<^)
幸せな時がどんどん増えていきますように!!
| ままこ | 2009/04/09 11:13 AM |
初めまして。
少し前から携帯でロムっておりました。

私のとこは、私が(全般性)不安障害で長女がボーダーぽいのですが、長女には確定診断が出ていません(医師も成長に期待して出さずにいます)。
彼女は自分に都合悪いことが起こると「すり合わせ」をしたり駄々っ子モードになり、なぜそうするのかも言いません。

ただでさえ不安気質な私が、喧嘩しながら娘の思考の読み取り代弁…そんな日々です。
| しば | 2009/04/09 4:30 PM |
入院して、大好きな人にぞばにいてもらえることがどれだけありがたいことか、幸せなことか、改めて実感したのではないでしょうか・・・

がんばっている、という報告、嬉しかったです。
| やまおく | 2009/04/13 8:49 AM |
初めてコメントさせていただきます。

僕の彼女も、カウンセラーに境界性人格障害に間違いありませんといわれています。(まだ、医師の診断は受けていません)

リストカット、急に暴れだすといった症状があります。
情緒が不安定で、よく「私捨てられるのかなあ?」と僕に訴えます。

境界性人格障害のことを詳しく調べると、彼女の行動や言動がすべてあてはまり、僕もとても不安な気持ちになっています。

ブログを読ませていただいて、彼女がとてもがんばっているんだというところが多いことがわかりました。
がんばっているところをほめてあげて、彼女をもっと理解してあげれたらなあと思っています。
| ネーヴェ | 2009/04/25 1:32 PM |
はじめまして。
全ての日記を読ませて頂きました。
私は20代から摂食障害とボーダーの合併症になり、どうにか回復した者です。現在アラフォー(笑)年下旦那と猫3匹との生活。

回復したとは言え、今でも薬の服用は続いています。
少しずつ減らしてる状況です。少しずつね。
そんなもんですよ。

ゆっくりゆっくりと成長していきますから、気長に見守ってあげて下さい。

薬もそれに比例していくことでしょう。
もしナガソデさんが、ちーたんに条件付きで評価されたら悲しくないですか?



2人の生活をこれからも応援しています。
| きちゃ | 2009/05/31 2:06 AM |
助けてもらえない。
何がしたいのかな。
他の人間は、どうでもいいの? 
理解を深めたいの?
ただの愚痴?
病院が受け入れてもらえない。
| | 2009/10/11 12:02 AM |
私も最近ボーダーだと診断されました。でも思い起こせばずっとだったんです。
今の彼とも不安定な関係です。ノンボタからしたら疲れるのわかります。でも不安なんです。いつ捨てられちゃうのか。
だから、悪態ついちゃうんです。悪循環ってわかってるのに。
幼いころから消えたいという衝動と葛藤して生きてきて、どうして私だけこんなにありえない経験のてんこ盛りなんだろうって。
でも、少し勇気づけられました。
これからも楽しみにしてます。
| ひなた | 2011/06/01 1:58 AM |









http://cheetan.jugem.jp/trackback/21