スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
大暴れ
昨日は夜中大暴れした。
また家の壁を壊し近くにあるものをいくつも壊した。
理由があれば壊しても良いと思うのをいい加減
調子が悪くても正してほしい。

どうしようも無いので救急車を呼んで診察してもらった。
原因はまたちいたんが色々不安に思い質問攻めにしてきたのだけど、
答えれば答えるほどもっと色々かんぐって
むちゃくちゃな質問をし始めるので答えないといったところ、
どんどん自分で答えを聞いてもないのに全部悪い方に決めてしまい、
勝手に不安になっていった。

一応今日は昨日のことを色々考えて反省していたようだ。
| ナガソデ | 日記 | 02:27 | comments(5) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:27 | - | - | -
お疲れ様です。奥様の状態悪いですね…奥様のブログ読ませて頂いたのですが,暴れてしまった事を反省していました。何度か入院されていますよね?お医者様の方針でしょうが,入院期間が短すぎるのではないでしょうか?個人的な意見ですが,閉鎖病棟に入院した方が良いと思うのですが…それか長期入院をされるべきではないでしょうか?気分悪くされたら消して下さい。
| 匿名 | 2008/04/13 9:37 PM |
やまおくです。

昔の日記にくらべて、ナガソデさんの文章に疲れが読み取れるような気がするのは、気のせいでしょうか?

お仕事も大変でしょうし、ご自分の身体も大事になさってくださいね。

私の話で申し訳ないのですが、私は、境界例と告げられてまだ半年も経ちません。
境界例という病気があるのは知っていたし、自分ももしかして、と考えていた時はありましたが、本当にそうだと医師に告げられたときは、ただショックしかありませんでした。

どの文献にも、「境界例は必ず治る」と書いてあります。

私自身も、「治る病気なんだから、頑張らねば」とできるだけ考えるように努力しています。

でも、自分で自分をコントロールできない恐怖、気がついたら周りをむちゃくちゃにしてしまっているつらさ、取り返しの付かない後悔・・・言葉では言い表せない気持ちがあります。

「もう一生治らないのではないか・・・」そう考えてしまいます。

周りの人に、医師に、「治る」と言われても、時にはその言葉がプレッシャーにさえなってしまうこともあります。

千尋さんは、私よりもずっとつらい過去を過ごされたようですね。

本人が「治そう」と前向きに考えることができないと、病気も良い方向には向かわないと思っています。

私はまだそこまで考えることができないので、ただ、薬を飲むだけの日々を過ごしています。

本当は、カウンセリングや、認知療法、作業療法に取り組んでいくことが必要なんでしょうが・・・

千尋さんがもの壊してしまうほど暴れるのを、やめさせることはまだ難しいと私は思います・・・

それよりも、千尋さんのちいさな手が傷つかなかったかを心配してあげてください・・・

差し出がましいことを言って申し訳ありません。

それと、お薬のことなんですが、私は、暴れたり錯乱状態になったときの頓服薬として、「リスパダール」という液体の薬を飲んでいます。
主に統合失調症の特効薬だそうですが、強力な精神安定剤で、脳と身体に鎮静をかけます。
ぐちゃぐちゃになっていた思考回路がすっと落ち着きます。
もうすでにご存知だったらすみません。
薬は個人差があるので、素人の私が言うことではないのですが、一応おすすめです。
あと、内服薬では、抗てんかん薬を飲んでいます。躁鬱病の躁状態を落ち着ける時にも使われるそうです。
「デパケン」や「テグレトール」などです。
この薬を飲んでから、自分でもびっくりするくらい落ち着いた行動ができるようになりました。
これも参考にしてくださったら嬉しいです。

長くなってすみません。



| やまおく | 2008/04/14 8:39 AM |
こんにちは。何度もコメントするのは失礼かと思ったんですがあえて。

境界性人格障害は必ず治りますよ。私も自分が病気だったことを思い出せないほどになりました。

暴れてしまう時、ちいたんさんはナガソデさんに「責められてる」と思ってしまっているんでしょうね。ナガソデさんのふとした言葉だったり態度だったりに敏感に反応してしまう。それは自分自身の中で自分を責めていることの投影だったりするんですが、これは案外と簡単にわかるものですよ。

自分を許すことができるなら、人にあたることも無くなると思います。責めてるのは他人なのか、自分自身なのか、落ち着いた時に考えられるといいのですけどね。
| クリームバナナ | 2008/04/14 6:03 PM |
退院されてお元気になられたかと思っていたのですが、まだ調子が悪そうですね。

ちなみに、ちいたんさんやナガソデさんは退院される時や通院時に、主治医とは取り決めなどはしてらっしゃらないのですか?

私は退院時に、こういうことをしたら再入院(主に医療保護で、閉鎖病棟に)だよとか、通院でのマナーを破ったら入院だよ、といくつか項目をあげられ(自傷行為、他人(家族も含め)に危害を与える、大声をあげたり暴れたりして周囲に迷惑をかける、決められた通院ペースを守らないなど)ました。

そのおかげで自分がそういう行動をとったら、自分が大変になるということを、頭と体で覚えました。

ボーダーを乗り越えるのはものすごく大変です。でも乗り越えた後は自分でもびっくりするくらい、強くたくましくなった自分がいました。

ちいたんさん、今は苦しい戦いの連続かもしれませんが、必ずよくなりますよ。戦いは無駄にはなりませんから。

ナガソデさん、いつまでも暖かい愛情ある眼差しで、ちいたんさんを見守ってあげていて下さいね。
| くらら | 2008/04/18 12:46 PM |
みなさま色々とメッセージありがとうございました。
全て拝見させて頂き今後に役立てたいと思っています。
またよろしくお願い致します。
| ナガソデ | 2008/04/30 2:53 PM |









http://cheetan.jugem.jp/trackback/9